G-V50JB28WTS

遺産分割協議とは

亡くなった方の遺産を誰がどのような割合で引き継ぐのか、遺言がない場合には、民法に相続分の割合が規定されています。しかし、相続人全員で合意すれば、遺言の内容や法定相続分とは異なる割合で遺産を分けることができます。このように、相続人全員で遺産の分け方についての話し合いをすることを、「遺産分割協議」といいます。

遺産分割協議は、相続人全員が合意しなければ無効です。行方不明の相続人を除外して行ったり、いわゆる隠し子が存在することを知らずにその子等を含めずに行った遺産分割協議は無効となります。

遺産分割協議は、いつまでにやらなければいけないというような期限はありませんが、実際には早く済ませた方が良い場合があります。例えば、相続税に関しては、協議が確定していなければ受けることのできない軽減措置があり、申告期限内(相続開始後10ヶ月内)に協議が整わないと、このような相続税の軽減措置が受けられなくなる場合があるからです。

たとえば、配偶者が相続人となる場合には、配偶者控除という控除が受けられますが、相続税の申告期限までに遺産分割が終わっておらず、配偶者に分割されていない財産については、配偶者控除を受けることができません。しかし、相続税は基礎控除の割合が大きく、多くの人には、相続税はかかりません。相続税がかからない場合には、相続税の申告期限までに協議を終わらせる必要はないということになります。

相続

Posted by watanabe