G-V50JB28WTS

相続

Thumbnail of post image 010
被相続人(亡くなった方)の持っていた株式や有価証券の内容を確認

財産の内容が明確に把握できていない場合は、配当金のお知らせやなどの通知文書を手かがりに口座照会をして内容を確認します。

株式を預託している証券会社で相続手続き

遺 ...

相続

Thumbnail of post image 196

数次相続とは

数次相続とは、相続人が既に亡くなっている点で代襲相続と同じなのですが、代襲相続との違いは相続人が被相続人より後に死亡している場合をいいます。
相続が2回発生している場合を二次相続、3回発生している場合 ...

相続

Thumbnail of post image 070

親よりも子の方が先に亡くなってしまった場合は、誰が相続人になるのか?

代襲相続とは、本来であれば相続人となるはずだった人(推定相続人)のほうが被相続人より先に死亡していた場合であり、推定相続人の代わりにその子が相続権を取得 ...

遺言

Thumbnail of post image 121

ご自分で書いた遺言書では、遺言を無視して色々要求をしてくる親族から家族を守り抜くことはできないかもしれません。遺言書の内容がどのようなものになっているのかが重要になってきます。「遺言執行者は本当にその人でいいの?」「その書き方では他の ...

遺言

Thumbnail of post image 173

「遺言書を作成しておきたいけど、心配事(気掛かりな事)もあるから財産をあげる条件として○○をお願いしたい…。」
こんな時には、「負担付遺贈」を活用する事ができます。

負担付遺贈の例

1.ペットの世話をす ...

遺言

Thumbnail of post image 199

きちんとした遺言書を作成していない場合、相続人全員の協力が必要な場合もあります。全員が協力してくれて揉めなかったとしても、相続人が遠隔地に住んでいたり、相続人の中に未成年者や認知症の方がいたりすると、手続がとても大変です。相続人が大勢 ...

遺言

Thumbnail of post image 001

お世話になった同居の長男のお嫁さんや、お世話になった友人に財産を渡したい人がいる、法定相続人ではないお孫さんや兄弟姉妹に財産を渡したい場合には、きちんとした遺言書を作成しておく事により実現できることになります。

例えば、私 ...

遺言

Thumbnail of post image 014

もしも、相続人(配偶者・子供・親・兄弟姉妹等)の中に、ご自分が亡くなった後、その相続手続の中で遺産分割協議に協力してくれなかったり、連絡しても相手にされない相続人がいる場合には、必ずきちんとした遺言書を作成しておくことをおすすめします ...

遺言

Thumbnail of post image 059

主な財産が不動産の場合は、誰が、どの不動産を相続するかについて争いが起こる可能性が高くなります。

自宅しか所有していない場合でも売却しないと相続人間で平等な分配をすることが難しいケースも少なくありません。

特に ...

遺言

Thumbnail of post image 028

すでに亡くなっている子供(長男等)のお嫁さん(配偶者)は、相続人に含まれません。

すでに亡くなっている子供(長男等)との間に子供がいなければ、直系尊属または兄弟姉妹に相続財産は相続されますが、お嫁さん(配偶者)は相続人では ...