G-V50JB28WTS

相続

Thumbnail of post image 022
被相続人(亡くなった方)の持っていた株式や有価証券の内容を確認

財産の内容が明確に把握できていない場合は、配当金のお知らせやなどの通知文書を手かがりに口座照会をして内容を確認します。

株式を預託している証券会社で相続手続き

遺 ...

相続

Thumbnail of post image 011

数次相続とは

数次相続とは、相続人が既に亡くなっている点で代襲相続と同じなのですが、代襲相続との違いは相続人が被相続人より後に死亡している場合をいいます。
相続が2回発生している場合を二次相続、3回発生している場合 ...

相続

Thumbnail of post image 128

親よりも子の方が先に亡くなってしまった場合は、誰が相続人になるのか?

代襲相続とは、本来であれば相続人となるはずだった人(推定相続人)のほうが被相続人より先に死亡していた場合であり、推定相続人の代わりにその子が相続権を取得 ...

相続

Thumbnail of post image 088

被相続人の不動産を相続人が引き継ぐ為には、相続を原因とする所有権移転登記の手続きをその不動産の所在地を管轄する法務局に対して行うことになります。
管轄の法務局に「相続登記」を申請します。遺産分割協議により不動産所有者になった者 ...

相続

Thumbnail of post image 103

普通自動車の場合、運輸支局で相続による移転登録をすることになります。手数料は1件につき500円(印紙)となります。すぐに譲渡や廃車をする場合であっても、相続による名義変更を済ませる必要があります。

遺産分割協議によって新所 ...

相続

Thumbnail of post image 168

銀行などの金融機関では、金融機関側で預金者の死亡を知った後に取引は停止(凍結)されます。
従って、速やかに必要書類を銀行に提出し、故人名義の預金の解約・払戻しもしくは預金者名義を変更する必要があります。
金融機関の内部 ...

相続

Thumbnail of post image 035

相続人を確定するには、被相続人(亡くなった方)の出生から死亡までの除籍謄本、改製原戸籍、戸籍謄本等を取得し、これを読みこなす作業を行います。そもそも、わかりきっている家族関係、相続人関係について、どうして、態々膨大な戸籍を集める必要が ...

相続

Thumbnail of post image 159

亡くなった方の遺産を誰がどのような割合で引き継ぐのか、遺言がない場合には、民法に相続分の割合が規定されています。しかし、相続人全員で合意すれば、遺言の内容や法定相続分とは異なる割合で遺産を分けることができます。このように、相続人全員で ...